Top2008年02月21日 »

最新記事【2007年11月07日】

.

手がしびれてしまう!または腕や足も時々しびれを感じる方がいると思います。

ふとしたときに、ピリピリっとした事はありませんか??
どうして発生してしまうのか。
一番簡単な例をいうと、神経が圧迫されている為に、しびれが発生します。
神経というのは、首を通って、肩、鎖骨の辺りを通じて、
腕から手に伝わってきます。

この神経が、いろんな要素によって、圧迫されることで、
しびれが発生してしまうのです。

その原因は、数多くあるのですが、頚椎のヘルニアになってしまうと、
仮に完治しても、頚椎は元の状態には戻りません。
それにより、神経が圧迫されてしまうのです。

また、肩こりが急激にひどい人もそうです。
肩こりとしびれが同時に発生することは珍しくありません。

その原因は、肩こりになるということは、肩の筋肉が強張っているという事。
つまり、肩の筋肉が硬くなることで、
神経を圧迫しているという事にもなるのです。

あらゆるところに神経というものはかかわってくるのですが、
他にも外部の要因があります。

それは、ストレスを多重に感じていることですね。
会社や家庭の人間関係がギスギスしていたりすると、自律神経失調症気味になり、
結果的に神経に伝達を与える機関があまりうまく機能しなくなります。

そうなると、体の信号が少し混乱してしまうために、しびれを発生させる・・。
なんてこともあるのです。


ただ、ネガティブな話ばかりをしていてもしょうがないので、
別ページでは予防方法や治療方法、しびれと併発する病気の解決方法も記載!
皆さんでしびれからオサラバしましょう!
手がしびれてしまう!または腕や足も時々しびれを感じる方がいると思います。

ふとしたときに、ピリピリっとした事はありませんか??
どうして発生してしまうのか。
.

手の痺れはどうして発生してしまうのか??
チェック項目を作ったので、当てはまるかどうかセルフチェックをしましょう。
◆過去、ムチウチになったことがある。
神経が圧迫されるために、手の痺れが誘発される。


◆左右、どっちかを下にする、つまり横向きで眠る事がある
この状態は意外と多いと思います。
人の体は、半分にしても結構体重があります。
なので、背骨が布団にない限り、
多少なりとも横から圧迫を受けている恐れがあります。


◆その昔、首の打撲や関節を痛めたことがある。
この状態は意外と多いのですが、
肩の関節を痛めたり、首の脱臼をすると、血流が乱れてしまいます。
それは完治した後でも、形が残っているので、
次も再発する恐れがあります。

怪我というのは、基本的に一度発生してしまうと、
完全に元に戻るという保証はありません。


◆精神的に弱い
これも意外と当てはまる人が沢山いるみたいです。
精神的に止んでいる人に関しては、
なぜか卑屈になってしまうことにより、結果的に猫背になったりして、
神経が圧迫されてしまいがちになるのです。


ただ、これれの原因というのは、ごく一部でしかありません。
更なる情報を追加して皆様にお伝えできればと思っております。

私も一度手がしびれるようになってしまい、その際は椎間板ヘルニアにより、
背中の神経が圧迫されて、どうやら手がしびれてしまったようです。

あれからまだ一度も再発はしていませんが、
できるだけストレスを抱え込んだりせず、
前向きに行動しましょう。


注意しましょう。
.

妊娠時においては、しびれやむくみを感じる人が多いと思いますが、
一体その原因は何なのでしょうか??
基本的に症状というのは、感覚が鈍くなり、つかんでいると思っても、
つい物を落としてしまっていたり、服のボタンがかけにくい・・・。

といったようなものばかりです。

日常的にはあまり影響はないのですが、しびれのほかにも、
夜、痛みが急激に強くなったり、朝、起きた直後にしびれがある時は、
少し皆さんと電車を遅らせるのかもしいいかもしれません。

他にもしびれというのは手だけではなく、腕まで伸びてきます。

妊娠時にどうしてこのような事がおきるのかというと、
これは妊娠中毒でもなく、あかちゃんが生まれることで、
体の細胞が、栄養をより赤ちゃんに運ぼうと思い、血管が少し太くなります。

それによって、神経が圧迫されてしまったり、
または炎症がおきてしまったりするのですね。

そして、むくみも併発するということは、血液の中の栄養と水分が
体を巡っていると実感しても良いのではと思います。

手のしびれは、手首にある神経が圧迫されておきてしまう症状なので、
そのまま1週間ほど手首をうごかさずにすごしておけば治療はできますが、
中々そうもいきませんね。

そんなときは、消炎鎮痛剤や、暖めたタオルでまいたりと、
色々t工夫を凝らしてみるといいと思います。


ある妊婦さんは、家事をすべて旦那さんにまかせて、
自分はゆっくりと休憩していましたが・・・

.

手足のしびれについて。一番基本的な症状がこの手足のしびれです。
このしびれ、どうして発生してしまうのか??考えられる原因をピックアップ。

女性の方に特に多いといわれているのがこの手の痺れ。
または腕のあたりまでしびれてしまうことがあるこのしびれなのですが、
大きくわけて、3つほどの原因があります。


その1.
胸郭が狭い場合に発生する。つまり、背骨の中でも、首のあたりです。
ここの一つ一つの骨の間が狭い場合に、神経が圧迫されてしまい、
しびれが発生することがあるのです。

女性に多い理由というのは、なで肩の人が多いともいわれており、
神経が圧迫されやすいからです。

基本的に手のしびれというのは、女性が多いです。
骨格が少し小さいために、神経が圧迫されやすいという性質があるのです。


その2.
頚椎が変形してしまっている。
頚椎ヘルニアの方は特に注意してもらいたいのですが、
神経が圧迫されやすい場所と同時に、血液も圧迫されやすく、
肩こりの原因にもなるのです。


その3.
首の筋肉が硬くなってしまっている。
血液不良にもなり、まずは肩こりがひどくなってくると思います。
この原因も、女性に多いのですが、デスクワーク等で
ずっと同じ姿勢に入ることが筋肉を硬くさせる原因に。

解決方法は、まずはマッサージ等をしたり、お風呂に入ったりして
血流をよくしましょう。

女性の方ばかりで、男性はならないの?という意見もありますが、
男性もしびれを感じる事があります。それはヘルニア持ちの方ですね。

.

頭痛と手のしびれというのは、実は密接な関係になっており、
併発することも多々あります。
その原因とは、頭痛は血液の流れが悪くなったりすることで発生しますが、
手の痺れも、神経が圧迫されることで、ピリピリとした状態になることが。

一番の原因というのは、ストレスだとも言われています。
仕事や家庭内であまりうまく言っていない人が、
まずは偏頭痛を患い、その後に。手のしびれを訴える人が多いみたいです。

ストレスというのは、基本的に外部の要因であることが考えられます。
人間関係の問題であったり、食生活が不規則であると、
寝不足になり、結局はストレスの元となることに。

また、手のしびれと頭痛がいつも併発している人は、
一種の自己催眠という事にもなります。


実はどちらかはつらい症状が出ていないのに、
結果的に、片方が誘発することで、もう一方も連鎖反応に。

この症状の解決方法はいくつかあるのですが、
まずは肩こりの原因を絶対に作らないことです。

知恵熱とはよくいったものですが、あまり根詰めて考えていると、
頭痛が発生してしまい、さらに、血流も悪くなるので、
肩こりや手のしびれが発生してしまうのです。

また、しびれを感じる前に、睡眠をしっかりとっているかチェックしましょう。
睡眠をとっていると、血液が横になった状態で全身に回るので、
結果的に血のめぐりがよくなります。

寝不足状態の人は、頭痛もちが多いので、十分注意しましょう。
.

手のしびれの病気といっても、数多くありますが、
考えられるものをいくつかピックアップしました。
まずは、症状によって、整形外科にいくのか、それとも脳神経内科にいくのか、
下記の文章を見て、考えてみることにしましょう。


整形外科の場合ですと、まずは椎間板ヘルニアになっている恐れがあります。
というのも、背中から軟骨がでてしまい、
結果的に神経を刺激して、椎間板ヘルニアと診断される。

神経を刺激する際に、手をつかさどる神経にふれることにより、
手のしびれが発生してしまうのです。

また、椎間板ヘルニアというのは、クセになるものです。
冬の時期や、重いものをいきなりもったりすると、すぐに再発しますので、
できるだけ注意をしましょう。


そして、脳神経内科の場合、少し深刻な問題になってきます。
一体どのような病名があるのでしょうか??

・手根管症候群
・脳梗塞
・頚椎症
・肘部管症候群
・糖尿病性末消神経障害

さらにおまけとして、薬物中毒も挙げられます。
ただ、薬物中毒といっても、農薬であったり、
有機溶剤を使用することによって、神経にダメージが加わりますので、
十分に注意をしましょう。

代表例としては、親指から薬指にかけて、しびれを感じ始め、
手首の部分で一度神経が圧迫されるので、それに応じて、しびれが発声。
さらに症状が悪化すると、筋肉もだんだんと衰えるので、
結果的に物をあまりつまめなくなってしまうのです。


これは一度かかってしまうと、慢性的なものにもなります。
.

手のしびれとむくみが同時に来る人がいると思うのですが、
それぞれ原因があるのをご存知でしょうか??
むくみというのは、血液の中には水分というものが多量に含まれており、
細胞によって吸収されたり、排出されて、また血管に戻ったりするのですが、
この水分があまりに多かったり、または血液がドロドロだと、
細胞に取り込まれたまま、また血管に戻らなく、細胞が膨らむのです。

これがむくみの原因です。

一方で、手の痺れの原因は、肩こり等ですね。
あまりに肩を酷使しすぎていると、血のめぐりが悪くなり、
結果的に自律神経失調症状態になり、手にしびれを感じてしまうのです。


これら二つの病気の共通点といえば、まずは血液のめぐりが悪く、
体に浸透していないということです。

血液のめぐりが悪くなる原因は、普段から辛いものを食べていたり、
味の濃いものを食していたり。

そして、運動不測であったりすると、みるみるうちに血液がドロドロに。
血液というのは、体の栄養を運ぶ上で、非常に重要な役割を持っています。

そのため、順調に運ばれていないと、結果的に細胞が少ない血液から
沢山栄養を取ろうとがんばってしまい、水分も多目に吸収。

そこでむくみが発生し、さらに肩こり等が起きているということは、
神経も刺激しているので、手の痺れとの合併症になるのでは??


そんな時は、とりあえず食生活の改善をしましょう。
血液をサラサラにすることで、むくみまで治療ができますよ!
.

手の痺れに関しては、普段いかに自分で気をつけているかにもよります。
では、どんな人が手のしびれを発生させやすいのか、
いくつか記載したので、項目をチェックしてみましょう。
【1】デスクワークの人
首に疲れがたまってしまうと、神経が圧迫されて、手がしびれてしまうことが。
どうしてもパソコンのモニターを見るあまり、
首に力が入ってしまうケースがありますね。

一時間に一度は席を立ち、ぐるっと一周するだけでもだいぶ違います。


【2】姿勢をチェック
猫背の人や斜めにいつも座っている人は、
方や首の筋肉が、偏ってついてしまいます。

これらをふせぐためには、真っ直ぐに立つ、
つまり背筋を常に伸ばした状態をキープしましょう。


【3】布団は快適?
いつも使っている枕と布団は自分にとって合っていますか??
朝何気なく起きたときに、首に痛みであったり、痺れを感じると、
神経が圧迫されている証拠です。まずは自分の寝具を見直しましょう。


【4】運動をする
ジョギングであったり、ジムにいく必要はありません。
ただ、一日に何回肩を挙げるでしょうか??
意識しないと、実は一度もなかった・・・。なんてことも。

ぐるぐると何週かさせることで、筋肉がほぐれます。


【5】睡眠をとる
何事にも睡眠が一番大事です。ただ、先程3番でもおつたえしたように、
寝具がしっかりしていないと、せっかくの睡眠が台無しになってしまいます。


日ごろからの少しの努力で回避できるので、皆さんも気をつけましょう!

手・足のしびれの病気を治療しよう!

手や足のしびれの症状や原因をしって、治療しましょう!妊娠中や頭痛と一緒にくることも!